仕事しながら転職活動方法

MENU

働きながらする転職活動のほうが有利〜!?


転職活動をしたいけど、「仕事をしている」、「働きながらだから効率よく転職活動が出来ない!」なんて不満ありませんか。
私も仕事をしながらの転職活動だったので、このままの状態で活動するか、一旦仕事を辞めてから活動するか迷いました。
しかし、現在理想の仕事に私が就けているのは仕事をしながら転職活動をした結果です。

 

 

 

逆に仕事を辞めてしまうと、転職活動は出来ますが、それ以上に時間が空いてその時間自分は何もしていないという焦燥感も出てきますし、その無職期間が次第に長くなるにつれて転職の際の面接で不利になるという状況にもなります。(面接でのデメリット)

 

 

 

まだ仕事を辞めていないのならすぐに辞めるべきではないです。働きながらのほうがメリットが大きい事が多々あります。。
最悪なケースとして仕事を辞めて仕事探しをして面接を繰り返し、うまく内定が出ないで6ヶ月以上経過した場合は、それだけで6ヶ月も内定貰えない人と言うレッテルが貼られてさらに面接に受かりにくいという悪循環に陥る可能性もあります。

 

 

「仕事をしながらの転職」が有利で条件も良く、相手側の印象も抜群になります!

 

チェック!
仕事しながらでも使える!

 

 

 

 

 

仕事しながらの転職活動の大きなメリットって!?


仕事をしていない人よりも仕事をしていながらの方が大きなメリットがあります。通常の転職活動よりも面接で仕事をしながら転職活動をしている旨を話すと大変有利ですよね。

 

働きながら空いた時間で面接に来てくれたのかという一生懸命の度合いが伝わるメリットがあります。受けられる会社も多くないのに私の会社に面接を受けに来てくれたという希少感も与える事が出来るというメリットが大きいです。

 

 

逆に仕事を辞めてフリーな人は面接しても、私の企業以外でもどんどん面接を受けに行っているのだろう印象を与えますから、本気度をアピールするには働きながらという環境は大きなプラスになるんですね!

 

 

さらに働きながらでの面接で相手側にマイナスになる要素は何一つありません!
本気の転職をするなら働きながらは必須です。
転職活動の結果を大きく左右するのがこの働きながらの環境で就職先を見つける事です。

 

 

 

また、すでに会社を退職してしまっている人でも、アルバイトや派遣社員など何か仕事をしながらの転職活動をしたほうが、相手に与える印象は良くなるはずです!

 

チェック!働きながらの「具体的な転職活動方法」


仕事をしている状態での転職はメリットが多く、印象が良いと書きましたが実際に転職するには確かに時間的な要素で無職などの人に比べて効率は良くないですよね。

 

 

就職斡旋所やハローワークなどに行くだけで有給を使う可能性が出てきて、さらにそこでの登録に1回、求人探しに2,3回と足を運ぶようでは面接だけに使いたい有給休暇も大事な面接以前にかなり使ってしまう可能性がありますよね!

 

 

 

そこで効率よく働きながら次の仕事を見つける事が出来る媒体が「就職・転職系求人サイト」です。

 

 

また、ハローワークは転職に使わないほうが良い理由は「転職はハローワーク以外!ページ」で詳細に説明しています。

 

 

 

 

 

就職転職求人サイトを使用する事が成功の秘訣!


働きながら次の仕事をゲットするには「就職転職系の求人サポートサイト」です。
この就職転職サイトをうまく使う事で効率よく希望の求人を探して面接までスムーズに行くことが出来ます。

 

 

 

ここで確認しておくことがあります。実はその就職転職系の求人サイトと言うのは大きく分けると2種類のサポートサイトがあります。

 

チェック!2種類ある就職転職サイト
@求人検索型のサポートサイト 条件を指定してネット上で自分で探して応募するタイプのサポートサイトです。
Aエージェント型のサポートサイト 専門のスタッフ(アドバイザー)と面談をしてから担当アドバイザーに就職までをサポートしてもらうタイプのサポートサイトです。

 

以下より詳細に求人検索型の就職転職サポートサイトとエージェント型の就職転職サポートサイトの違いです。
どちらが自分に合っているかを確認する事が大切ですね!

 

 

 

 

 

確認!求人検索型の転職サイトをもっと詳しく!


求人検索型の転職サイトとは自分で希望の条件を指定して検索するタイプの就職転職サイトです。
自分で希望を入力して検索するのも手ですが、通常このような転職サイトにはオファーサービスが付き物です。

 

 

 

オファーサービスと言うのは、希望の勤務地や希望年収や、希望職種、希望条件などを予め入力していれば待っているだけで企業側からマッチした人にオファーがくる制度です
働きながらの転職なので、この「待っているだけ」の機能も使うと効率的ですよね!

 

 

 

また条件を登録しておくだけで、新着求人で条件に合う求人があればメールでいち早く知らせてくれる機能もある場合が多いのでこれらの機能を活用すれば、大切な企業との面談のみに有給や休みを取れそうですね!

 

 

大手企業や有名企業が運営する求人検索型のサイトほど求人数が膨大なので有名どころの就職転職サイトに登録しておきましょう!

 

 

仕事しながらの仕事探しには必須サービス
大手求人検索型サイトの有名どころ リクナビNEXT

 

 

 

 

 

 

チェック!エージェント型の転職サイトをもっと詳しく!


エージェント型の転職サイトと言うのは「求人検索型」と違ってサイト内で自分で検索するのではなくて専門のプロのコンサルタント(アドバイザー)がいます。

 

まずは初回の面談が必要なケースが多いです。
しかしこの初回の面談で担当の転職プロと言われるコンサルタントに自分の希望条件などを伝えておくとマッチした求人を紹介してくれるだけではなく大手のエージェント型サイトの場合は就職までサポートしてくれます。

 

 

 

中には就職後のサポートも実施しているエージェント型サイトもあります。

 

 

 

 

コンサルタントは人間ですから、仕事をしながら転職活動をしていて有給はあまり使えない旨を話せば必要最低限の本当にマッチした求人のみを紹介してくれたり、勤めている会社の退社時間から間に合うように企業側に依頼して面談の時間を設定してくれたり、働きながらの場合はその旨を理解しているので心強いはずです。

 

 

 

 

私の場合もコンサルタントとの面談が1度だけあるのでそこは有給を使う必要がありましたが、後の面接はうまく私の退社時間後にセットしてくれて本当に助かりました!
また、仕事帰りに面談時間を合わせてくれる詳細は「仕事帰りの面接を依頼出来る!?」ページで説明しています。

 

 

 

 

また、エージェント型は昔は職歴が高度な場合しか登録出来ないなどのデメリットがありましたが、現在ではフリーターや未経験でも歓迎してくれる大手のエージェント型サイトが誕生するなど登録率や利用率がアップしています。これがエージェント型が知名度が高くなった要因ですね!

 

 

チェック!大手エージェント型就職転職サイト
@有名どころの老舗エージェント型サイト リクルートエージェント
Aフリーターや未経験も歓迎する大手エージェント型サイト ハタラクティブ

 

チェック!仕事しながら使うべき「就職転職系サポートサイト」まとめ!


ここでは仕事をしながら使用すると効率的な就職転職サポートサイトをまとめて紹介しています。
就職転職サポートサイトには大きく2つあり、自分でサイト内を検索するタイプの「求人検索型」と専門スタッフにサポートしてもらうタイプの「エージェント型」がありますね!

 

 

置かれている環境や条件は人それぞれ違いますので、どちらのタイプのサポートサイトが自分に合っているかを判断して使用してみると良いと思います。

 

 

 

 

自分でサイト内を検索して求人を見つけたい場合


自分でサイト内を選択したり、検索機能を使い希望の求人を見つけて応募したい場合は求人を検索するタイプの「求人検索型サポートサイト」を使用すると効率的です。

 

 

リクナビNEXT


毎日新着求人が出るほど膨大な求人数を持っている大手就職サポートサイト。
仕事をしながら自分のペースで探したい場合には最適な媒体ですね!

 

 

 

 

 

 

 

専門サポーター(アドバイザー)にサポートしてもらい就職までたどり着きたい場合


一方こちらは専門のサポーターに頼むタイプの就職転職サポートサイトで「エージェント型サイト」と言われるサービスです。

 

 

ハタラクティブ


フリーターや未経験を歓迎するエージェント型サイトです。
昔は敷居が高かったエージェント型ですが、現在では未経験やフリーター歴が長い人もサポート対象にしてくれるエージェント型サイトが多くなってきています!それだけ人材不足って事でしょうね!

 

 

 

 

 

リクルートエージェント


エージェント型の代表格的存在です。エージェント業界最大手グループです。
質が高い求人を求めるならまずはリクルートエージェントへの登録は必須です!
条件としては、職歴・経歴に自信がある人が対象ですね!